消費者金融

低金利で借りるには

殆どの人は目先の借金のことのみに気をとられて、金利のことまで考えていないように思います。少々の金利の違いなど、それほど支払い金額にまで影響はないと考えている方も少なくないのでしょう。

 

しかし実際は金利が0.1%違うと支払い総額に大きな差が出てきます。ひと月やふた月ではそれほど差が発生しませんが、五年くらいになってくると、数万円以上の差が発生してきます。

 

実際に金融業者で借り入れをした場合、すべて返済するのは早くても三年で、長い人になると10年以上もかかる人もいます。それほど長期の間、金利を払い続けていることになるのです。

 

もっとも、長い期間金利のみを支払い続けてくれる顧客ほど、消費者金融側にとれば上客になるわけで、逆に借り入れを一年も経たないうちに完済してしまう顧客は上客ではないのです。

 

大手になるほど金利は低い

大手の消費者金融はテレビなどのCMで有名ですし、ネットなどでも盛んに宣伝しています。したがって殆どの人は名もない金融業者から借りるよりも、名の通ったサラリーマン金融を利用したいと思うのは当然のことでしょう。

 

そして大手で借りる際の一番のメリットは、何よりも金利が低いということです。楽天プレミアムローンなどは、1.8%という銀行ローンなみの金利で貸し出していますし、アコムやプロミスといった大手もそれに追随した低金利の金融商品を打ち出しています。

 

こういった大手で借りるには厳しい審査を通過しなくてはなりませんが、勤続年数1年以上のサラリーマンで現在他社からの借金もなく、過去に債務整理をした経験がない方ならば、問題なく審査に通ります。

 

借りやすい金融業者や審査の甘い消費者金融といった怪しげな金融業者を利用するよりも、こういった大手のローン会社を利用したほうが得策です。

当サイトの概要