消費者金融

銀行が消費者金融に参入した理由

今では大手消費者金融の殆どが銀行と資本提携をして傘下となり、低金利のカードローンを展開しています。しかし、銀行が個人ローンを取り扱うのは何も初めてのことではなく、消費者金融が発祥する以前から存在していました。

当時の銀行はそれほど個人ローンには乗り気ではなく、あくまでも担保と保証人をとって企業や会社などへの融資を優先していたのです。

しかも個人ローンの審査では、窓口で年収や勤務先、勤続年数、担保などを聞かれた上で、審査にはかなりの日数がかけられ、さらにその審査が厳しいのだから、消費者はこういった複雑で時間のかかる銀行よりも、簡単に借りれる消費者金融を選ぶのも当然のことです。

日本の景気が良い時代なら、こういった企業相手に融資をしているだけで十分な営業利益があったはずですが、担保に固執した銀行はバブル崩壊後、巨額の不良債権に追われることとなります。

新しい営業収益を探し出す必要に迫られた際に着目したのが、不況にもかかわらず空前の営業利益を出していた消費者金融業界です。

しかし、無担保無保証の個人向けローンに参入したくても、そのノウハウを銀行は持っていませんでした。そこで着目したのが大手消費者金融との業務提携です。

銀行名を出すことで顧客の信用は絶大になるのは当然のことで、これまでサラ金から消費者金融の流れにおいて警戒心を抱いていた人たちに対して、安心感を与えることが出来ると踏んだのです。

0

提携後の実際の業務

提携後の実際の業務はこれまで通り、消費者金融が行っていました。看板は銀行であっても、与信審査や取り立てのノウハウは銀行は持っていなかったからです。

無担保無保証での融資は、貸す人間の信用を担保としたものなので、その人間を見抜く眼力がなければ商売は成立しません。

現在ではすべて機械化され、スコアリング・システムによって審査がなされていますが、その根本となるのは、人を見抜く目であることは確かなことです。

当サイトの概要