消費者金融

借りやすい消費者金融とは?

webサイトなどで「借りやすい消費者金融」「借りやすいキャッシングローン」といったキャッチコピーを目にすることがあります。そもそも借りやすい金融とはどういったものなのでしょうか?

本当に借りやすい金融会社とは、webサイトで簡単に申し込みができて審査も簡単に完了、尚且つ銀行やコンビニのatmで出し入れができるような業者こそが、真の借りやすいローン会社といえるはずです。しかし、そういった業者に該当するのは大手銀行系の消費者金融のはずで、web広告にあるような借りやすい業者とは似ても似つかない業者のはずです。

結論から言いますと、web広告に書かれている借りやすい消費者金融とは、審査が甘いキャッシングローンのことを指します。

しかし、公に審査が甘いと書いてしまうと金融広告業者が嫌がりますし、中には違反行為として広告の打ち切りを宣言されてしまいますので、「審査が甘い」という表現を「借りやすい」に変換しているのが真実です。

0

本当に借りやすい業者は存在する?

では、そういった借りやすいサラ金業者は存在するのかという疑問ですが、審査の甘さにもピンからキリまであります。大手から見れば中小消費者金融でも審査は甘いといえますし、小規模のマチキンなどからみれば中小金融会社でも審査は厳しいといえます。

したがって、審査の甘い金融業者はいらくでも存在するということです。実際、他社からの借り入れ件数が6件でも審査に通った中小消費者金融は存在しますし、アルバイトやパートでもお金を借りれた大手消費者金融も存在します。

何しろ全国には星の数ほど消費者金融は存在しますので、熱心に時間をかけて調べればいくらでも融資をしてくる金融会社は見つかるでしょう。

手始めにスポーツ新聞の広告に掲載されている金融業者をあたってみましょう。そういった小規模のマチキン業者は驚くほど審査が甘いですし、信用情報機関へのデータ照会もしないことがあるので、現在の借り入れ総額がバレない場合もあります。

ただし、中にはヤミ金融なども混じっていることがありますので、十分注意をしてお金を借りて下さい。

当サイトの概要