消費者金融

借りやすい消費者金融とは?

webサイトなどで「借りやすい消費者金融」「借りやすいキャッシングローン」といったキャッチ
コピーを目にすることがあります。そもそも借りやすい金融とはどういったものなのでしょうか?

本当に借りやすい金融会社とは、webサイトで簡単に申し込みができて審査も簡単に完了、尚且つ
銀行やコンビニのatmで出し入れができるような業者こそが、真の借りやすいローン会社といえる
はずです。しかし、そういった業者に該当するのは大手銀行系の消費者金融のはずで、web広告に
あるような借りやすい業者とは似ても似つかない業者のはずです。

結論から言いますと、web広告に書かれている借りやすい消費者金融とは、審査が甘いキャッシン
グローンのことを指します

しかし、公に審査が甘いと書いてしまうと金融広告業者が嫌がりますし、中には違反行為として広
告の打ち切りを宣言されてしまいますので、「審査が甘い」という表現を「借りやすい
に変換しているのが真実です。

本当に借りやすい業者は存在する?

では、そういった借りやすいサラ金業者は存在するのかという疑問ですが、審査の甘さにもピンか
らキリまであります。大手から見れば中小消費者金融でも審査は甘いといえますし、小規模のマチ
キンなどからみれば中小金融会社でも審査は厳しいといえます。

したがって、審査の甘い金融業者はいらくでも存在するということです。実際、他社からの借り入
れ件数が6件でも審査に通った中小消費者金融は存在しますし、アルバイトやパートでもお金を借
りれた大手消費者金融も存在します。

何しろ全国には星の数ほど消費者金融は存在しますので、熱心に時間をかけて調べればいくらでも
融資をしてくる金融会社は見つかるでしょう。

手始めにスポーツ新聞の広告に掲載されている金融業者をあたってみましょう。そういった小規模
のマチキン業者は驚くほど審査が甘いですし、信用情報機関へのデータ照会もしないことがあるの
で、現在の借り入れ総額がバレない場合もあります。

ただし、中にはヤミ金融なども混じっていることがありますので、十分注意をしてお金を借りて下
さい。

条件別の借りやすい業者

前述したように、申込者の状況によって借りやすい金融業者というのは変わってきます。条件とは
、本人の収入、勤続年数、借入件数、借入総額などです。これによって、大手や中堅クラスといった
借入先が決まってきます。

以下は、条件別に借りれる業者の一覧です。

借入件数 借入総額   勤続年数 借りやすい金融業者 
 3件以内  年収の三分の一以内  1年以上  大手カードローン
 5件以内  年収の三分の一以内  1年以上  中堅消費者金融
 5件以上  年収の三分の一以内  1年以上  小規模零細マチキン

怪しい広告には要注意

ネットには数えきれないほどの怪しい広告が並んでいます。金融業者からお金を借りるからには、
そういった虚偽の広告を見極める最低限の知識を持っていなくてはなりません。「知らなかった」
では済みませんし、騙されることは自己責任でもあるのです。

虚偽広告の中でも特に顕著なのは、多重債務者を狙った広告文です。借りれなくて困っている人に
対して、虚偽の広告文で誘ってカモにしようとしているのが彼らの手口です。こういった悪質な業
者に騙されたら、借金がよけいに膨らんでいくことは火を見るよりも明らかです。

0条件別借入先人気ランキング

サラ金一覧

審査が甘い金融業者ランキング

消費者金融の中でも特に審査基準の緩い貸金業者になります。大手や中堅と比較すると各段に規模が小さく、個人経営の業者が多いようです。
 審査基準  激甘、極甘、緩い
 融資対象  借入件数5件以上、多重債務者
 平均金利  上限金利一杯

消費者金融一覧

中堅消費者金融人気ランキング

大手銀行系の消費者金融が利用出来ない方は、中堅クラスの金融会社を選択することで審査に通る確率が各段にアップします。
 審査基準  普通、多少は緩い
 融資対象  借入件数3件〜5件
 平均金利  13.0%〜18.0%

大手消費者金融

借りやすい大手消費者金融

誰もが借りたいと願う、低金利で信用抜群の銀行系大手消費者金融です。審査が厳しいといっても借金の少ないサラリーマンなら誰でも審査に通ります。
 審査基準  厳しい、甘くない
 融資対象  借入件数3件以内
 平均金利  3.0%〜18.0%

0

当サイトの概要