消費者金融

景気と金融

景気と金融業界はきっても切れない間柄にあります。景気が良いと庶民の懐事情も豊になり、借金をしなくても生活ができるようになりますので、金融業者にとっては不都合となります。

 

逆に景気が悪くなると庶民が懐事情も悪化して、自由に使えるお金が少なくなってきます。そうした中で以前と同様の生活を維持しようとすれば、他からお金を都合しなくてはならなくなってきます。

 

他からお金を都合といえば広義の解釈ですが、知人や親に借りるのもそうですし、銀行や消費者金融から借りるのも含まれます。

 

つまり景気が悪くなると消費者金融やキャッシング会社の利用が増えるということです。

誰でも借りれる?

ただし、金融会社側も誰でもお金を貸すというわけではありません。金融会社独自の審査基準をクリアした顧客のみに融資をします。

 

審査基準とは、年収や現在の借金総額、過去の借金履歴などが調査対象となりますし、現在の居住地が持ち家なのか賃貸なのかでも審査のポイントとなってきます。当然、賃貸住宅より持ち家のほうが信用度は高くなります。

確実に借りるためには

確実に消費者金融からお金を借りるには、事前審査を受けることをお薦めします。大手の消費者金融のwebページに行くと、30秒診断といった事前審査の項目がありますので、融資を申し込む前に事前簡易審査を受けることです。

 

また、事前審査のみを運営している紹介会社などもありますので、ご自分で探して登録してみて下さい。

当サイトの概要