最終更新日 2017/5/11

審査基準をクリアする

0

どの金融業者が審査が甘くて借りやすいといった情報は、金融関連の掲示板などの口コミ情報で調べるのが手っ取り早い方法です。今が旬の口コミ情報をゲットできる可能性が高いです。中には眉唾の口コミもありますが、どの情報が正確なのかはご自分で判断しましょう。

 

基本的に金融業者は顧客にお金を貸したいと思っています。彼らはお金を賃借してその中から金利を得て利益を得ています。したがって、お金を貸さないことには、利益は一円たりとも発生しないのです。

 

だから信用力の高い顧客にはキャッシングを勧めてきます。しかしその一方で、彼らにとって一番リスクの高いことは、信用力の希薄な顧客にお金を貸すことです。貸したお金が焦げ付いてしまう危険があるからです。

 

そこで彼らは貸付審査の際に、必ず信用情報機関へアクセスして、信用調査をします。

 

もしも過去に自己破産などの債務整理をしていたなら、信用力は低くなってしまいますし、同様に過去に支払いが遅れたりする遅延行為を繰り返していても、信用力は低くなってきます。

 

そういった顧客は、申し込みの段階で審査で落とされてしまいます。

0本日のおススメ融資はコチラ
消費者金融一覧

一番審査に通りやすい職業

 

一番信用力の高い顧客は、公務員であったり大企業へ勤務するサラリーマンとなります。残念ながら自営業などは、たとえ年収が高くとも信用力は低くみられてしまいます。

 

審査に通るためには、まず第一に申し込む金融業者の審査基準をクリアする必要があります。
もしも審査基準に合致していなければ、絶対審査には通りません。確実に審査で落とされてしまいます。

 

そういった審査の不安も公務員や大企業のサラリーマンなら多少は和らぐということです。しかし皆が皆、公務員や大企業のサラリーマンというわけではありません。大多数の人が中小企業以下のサラリーマンですよね。

 

でも安心してください。そういった方でも余程の問題がなければ審査に通ります。というより、消費者金融を利用している大部分の方は、年収が500万円以下の中小企業のサラリーマンなのです。

 

ちなみに審査に通らない余程の理由とは何か?

0年収が300万円以下のアルバイトやパート

0現在の借金総額が年収の三分の一以上

0現在他社からの借り入れ件数が5件以上

0過去五年以内に自己破産をしている

0過去に借り入れの支払い遅延を繰り返している

 

他にも細かい審査項目はありますが、審査に通らない理由はだいたい上記の項目になります。もしも何点か該当する項目
があるようでしたら、おそらく審査に通るのは難しいでしょうから、対策を講じなければなりません。

 

確実に審査に通るための法則

 

金融会社の借り入れ審査に落ちないために重要なことは、自分が借りれる範囲の金融業者を選ぶということです。理想を高く持
つのは自由ですが、貸す側も選ぶ権利があります。

 

ましてや法改正で上限金利が下がって消費者金融会社も以前のように利益が上がらないようになっています。

 

彼らにとって一番危険なことは、貸し倒れです。貸したお金を焦げ付かせてしまうことは最大の損失になります。だから貸付審査
の際は十分に吟味してきます。

 

前述したように、年収が300万円あって現在の借金がゼロならば、間違いなく審査に通ります。大手銀行系キャッシング会社でも借りれるでしょう。勿論、過去五年以内に自己破産などをしていないという条件の話です。

 

しかし、他社からの借り入れが少しでもあれば、サラ金会社は慎重になってきます。借り入れ件数が4件もあれば、大手や一部
の中小金融会社は落としてくるでしょう。そうなってくれば、中小でも審査が甘い消費者金融を探さねばならなくなってきます。

 

それはつまり上限金利一杯での借り入れを意味します。それ以上での貸付は違法なので、そういった業者はヤミ金融ということ
になります。

情報と金融サービス

金融とは、もとを辿ればお金を提供する側と、お金を必要とする側を仲介することであり、その業務の大半はそのお金そのもの
についてと、お金の提供者と利用者に関する情報(金融機関でいえば預金者と融資先)の蓄積と処理になります。

 

昨今、そういった産業がITによる情報通信革命によってさらに情報処理能力を向上させています。

 

当初、情報通信が金融に影響を及ぼしたのは、金融機関内の情報処理に大型コンピュータが利用され始めたことと、顧客の
入出金管理がATM機器によって機械化されることでした。

0

また、この当時、業務プロセスの見直し、分解、再編なども大きな問題として横たわっていたのです。

 

とりわけ、先端的な情報通信技術の成果を取り入れるためには、どのような業務プロセス
を構築し、その中でその部分を外部委託するか、といった問題が取り組まれるようになり
ます。

 

つまり、業務プロセスにおけるモジュラー化を基礎に、外部の情報通信専門業者との分業が実行されるようになっていきます。

 

情報通信革命の結果、金融サービス業は、情報産業であるとともに、膨大なIT投資を必要とする装置産業化することとなり、
この情報装置産業化が、金融サービス業における規模の経済性の追求を促進し、大型の金融機関などによる合併や買収
(M&A)を加速させていったのです。

どうしてもお金が必要な際の金策テクニック

 消費者

0身近にある物をオークションにかけて売る
身近にある物をかき集めると意外に金目のものがあるものです。

 

0家にあるすべての書物をブックオフに持っていく
一日の食費くらいにはなるはずです。

 

0親や親類、知人にお金を借りる
頼れる伝手はすべて活用しましょう。

 

0それでもダメなら金融業者からの借り入れです
当然貸金業者からの借り入れは利息がかかってきますので、ここは最後の手段です。

 


上記のとおり、金融業者からお金を借りるのは最終手段ということです。それまでは、金利が要らない金策を考えるべきです。

 

一度金融業者からキャッシングをしてしまうと、あまりにも簡単にお金が借りれてしまうことから、ズルズルと借金地獄に浸かってしまう危険性があります。

 

人間誰しも物欲があります。物欲を充たすためにはお金が必要ですが、そういったお金を借金で補うことこそ、多重債務者の共通する行為なのです。

 

物欲を堪えて、あるいはお金が貯まるまで我慢する精神が必要であることは言うまでもありません。

目的別金融業者検索ガイド
あなたが借りたいと思う金融業者をいち早く探し出します
大手 レディース
主な分類は、「大手銀行系」「中小・中堅」「女性、主婦向けレディースローン」「審査基準が甘い金融」になります。